アーカイブ

2009 年 4 月 のアーカイブ

利用しているRAID SUB SYSTEM

2009 年 4 月 30 日 コメントはありません

ググっていたら、偶然 利用しているRAID SUB SYSTEMの製造元が判明

PetaStor AL-6160S

ファームはログインしないと落とせない模様。

カテゴリー: Notes タグ:

Ubuntu 9.0.4

2009 年 4 月 30 日 コメントはありません

Mac上 VMware FusionにUbuntu 9.0.4をインストールしてみた。

今回の確認は、ext4ファイルシステム。

結論から言うと、全く問題ない模様です。

インストール後、vmware-install.plを動かし、モジュール類をコンパイル、リブートして完了。

ATOMでもそろそろ問題が出なくなることを願う。

vm-ubu1

vm-ubu2

vm-ubu3

vm-ubu4

仮想マシン上ですが、ファイルアクセスが高速になっているんじゃないでしょうか。

Ubuntuスタートアップバイブル

カテゴリー: Linux タグ:

[ad] 楽天ブックス 送料無料 5月末まで PS3 30%OFF4/29まで

2009 年 4 月 28 日 コメントはありません

これを買おうか悩んでいるんですが、AMAZONだと送料かかってくるし、楽天だと送料無料!

他にも、PS3とか30%OFFやってるし、考えてしまいますねー

PS3本体 30%OFF 4/29までのタイムセール

明日で終わっちゃうみたいなんで、欲しい人はお早めに。

カテゴリー: Notes タグ:

REGZA Z2000でREGZA TOOL

2009 年 4 月 25 日 コメント 1 件

現在 録画環境として、

  1. REGZA Z2000で番組表録画予約
  2. VARDIA RD-XD92Dの自動録画
  3. PC上のPT1+Bonで自動録画

の3系統で運用しております。

VARDIAなんかは、予備機状態となっておりまして、よく利用するのは、便利なREGZAで予約が多いです。それにプラスして自動予約が賢いPC+PT1+Bonで実質すべて賄っております。が、ここで問題になるのが、REGZAの録画物の整理なんです。

REGZAの録画物もTSで録画されているわけですが、ファイル名で番組を特定できません。

PT1とREGZAで録画した物がダブった時は、見分けるのに面倒な事をしないと整理できません。

日頃、ないか良いツールが無い物か探していたところ、ようやく発見しました!!!

ものすごく便利です。現状ではリネームが主の使い方になると思いますが、それでも便利です。

その名もREGZA TOOL

Windows専用アプリでインストールはIEからアプリケーションリンクをクリックする事でインストール可能。
Firefoxなど非IE系のブラウザではインストール出来ません。

同様にファイルと番組の紐付が困難な状態の方がいらっしゃれば、是非 お試しください!

カテゴリー: Notes タグ:

Ubuntu OpenSSLで証明局・証明書の作成

2009 年 4 月 24 日 コメントはありません

ProftpdをTLS対応すべく、鍵の作成

$ locate CA.sh
/usr/lib/ssl/misc/CA.sh
# cp /usr/lib/ssl/misc/CA.sh /etc/proftpd/certs

# vi CA.sh
CATOP=./hoge

#./CA.sh -newca
CA certificate filename (or enter to create) <-enter

Making CA certificate …
Generating a 1024 bit RSA private key
…………++++++
……………..++++++
writing new private key to ‘./demoCA/private/./cakey.pem’
Enter PEM pass phrase: <-passphrase
Verifying – Enter PEM pass phrase: <-passphrase
—–
You are about to be asked to enter information that will be incorporated
into your certificate request.
What you are about to enter is what is called a Distinguished Name or a DN.
There are quite a few fields but you can leave some blank
For some fields there will be a default value,
If you enter ‘.’, the field will be left blank.
—–
Country Name (2 letter code) [AU]:JP
State or Province Name (full name) [Some-State]:KYOTO
Locality Name (eg, city) []:
Organization Name (eg, company) [Internet Widgits Pty Ltd]:HOGE
Organizational Unit Name (eg, section) []:
Common Name (eg, YOUR name) []:サーバーのFQDN
Email Address []:

Please enter the following ‘extra’ attributes
to be sent with your certificate request
A challenge password []:
An optional company name []:
Using configuration from /usr/lib/ssl/openssl.cnf
Enter pass phrase for ./demoCA/private/./cakey.pem: <-passphrase
Check that the request matches the signature
Signature ok
Certificate Details:
Serial Number: 0 (0x0)
Validity
Not Before: Apr 24 05:32:33 2009 GMT
Not After : Apr 23 05:32:33 2012 GMT
Subject:
countryName               = JP
stateOrProvinceName       = KYOTO
organizationName          = HOGE
commonName                = FQDN
X509v3 extensions:
X509v3 Subject Key Identifier:
46:40:88:3D:40:E0:3E:83:7E:C1:38:73:8D:38:06:C7:E6:76:49:41
X509v3 Authority Key Identifier:
keyid:46:40:88:3D:40:E0:3E:83:7E:C1:38:73:8D:38:06:C7:E6:76:49:41
DirName:/C=JP/ST=KYOTO/O=HOGE/CN=FQDN
serial:00

X509v3 Basic Constraints:
CA:TRUE
Certificate is to be certified until Apr 23 05:32:33 2012 GMT (1095 days)

Write out database with 1 new entries
Data Base Updated

# mkdir /etc/proftpd/certs/hoge
# cd /etc/proftpd/certs/hoge
# cp /etc/proftpd/certs/demoCA/cacert.pem .
# cp /etc/proftpd/certs/demoCA/private/cakey.pem
# chmod 600 -R /etc/proftpd/certs/hoge

# openssl genrsa -des3 -out hoge.key 1024
Generating RSA private key, 1024 bit long modulus
………………..++++++
…++++++
e is 65537 (0x10001)
Enter pass phrase for hoge.key: <-passphrase
Verifying – Enter pass phrase for hoge.key: <-passphrase

# openssl rsa -in hoge.key -out hoge_nopass.key
Enter pass phrase for hoge.key: <-passphrase
writing RSA key

# openssl req -new -days 3650 -key hoge.key -out csr.pem
Enter pass phrase for hoge.key: <-passphrase
You are about to be asked to enter information that will be incorporated
into your certificate request.
What you are about to enter is what is called a Distinguished Name or a DN.
There are quite a few fields but you can leave some blank
For some fields there will be a default value,
If you enter ‘.’, the field will be left blank.
—–
Country Name (2 letter code) [AU]:JP
State or Province Name (full name) [Some-State]:KYOTO
Locality Name (eg, city) []:
Organization Name (eg, company) [Internet Widgits Pty Ltd]:HOGE
Organizational Unit Name (eg, section) []:
Common Name (eg, YOUR name) []:サーバーのFQDN
Email Address []:

Please enter the following ‘extra’ attributes
to be sent with your certificate request
A challenge password []:
An optional company name []:

# locate openssl.cnf
/etc/ssl/openssl.cnf
/usr/lib/ssl/openssl.cnf
/usr/share/webmin/acl/openssl.cnf
# cp /usr/lib/ssl/openssl.cnf /etc/proftpd/certs
# vi openssl.cnf
[usr_cert]
nsCertType = server <-コメントを外す

#  pwd
/etc/proftpd/certs/
# ls hoge
csr.pem  hoge.key  hoge_nopass.key

# openssl ca -config /etc/proftpd/certs/openssl.cnf -in hoge/csr.pem -keyfile /etc/proftpd/certs/demoCA/private/cakey.pem -cert /etc/proftpd/certs/demoCA/cacert.pem -out hoge/cert.pem

うまくいかなければ、openssl.cnfの設定やcsr.pem/caket.pem/cacert.pemのパスなどを確認。

カテゴリー: Linux タグ: