Xsan HTTPD

昨日、師匠とPromiseさんのおかげで、無事 PegasusR6の復旧が終わり、停止していたサービスの再稼働を始めたところ

httpdがうごかん。

ログ見ると、原因は、パーミッションだった。

find ./ -type -d -print | xargs chmod 755

一発でchmodしようとしたが、MacBSDの流儀は違ったみたい。

MacOSXでは、

find ./ -type -d print0 | xargs -o chmod 755

でした。ただ、日本語名のファイルがうまく出来ないようだ。

これで、HTTPDも復旧しました。

もちろんcloudも復旧してますが、owncloudはmysqlに移行したいから、本稼働まで暫くかかる。

FTPはあまり触ってないな・・・

カテゴリー: Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA