Thinkpad T480

ようやくノートPCを更新した。

前回購入したのは、中古のT420で、今回新調したのは、T480

開封し、まず筐体が安っぽいという感想。続いて、キーボードがダメだということ。

他は、普通のノートPCと何ら変わらない。

ポチってから約1週間で届いた。結構 カスタマイズしたからでしょう。

T480の価格に関してですが、購入した価格は、169,760でしたが、再度見積もったところ、下記スペックで123,952で購入可能でした。かなりコスパ良いですが、4.5万円程度は損した。悔しい・・・

T480 T490
CPU Intel Core i7-8550U(1.8GHz,8MB) Intel Core i7-8565U(1.8GHz,8MB)
OS Windows 10 Home 64bit  Windows 10 Home 64bit
Display WQHD(2560×1440 IPS 300nit)  WQHD(2560×1440 IPS 500nit)
Memory 16GB(8+8) DDR4 2400MHz SODIMM Onboard 8GB PC4-21300 DDR4+8GB PC4-19200 DDR4 SODIMM
GPU NVIDIA Geforce MX150(2GB,DDR5) NVIDIA Geforce MX250(2GB,DDR5)
Keyboard 英語キーボード(バックライト付) 英語キーボード(バックライト付)
NFC NFCあり NFCあり
指紋センサー 指紋センサーあり、NFCあり 指紋センサーあり、NFCあり
Strage 256GB SSD(M.2 2280, NVMe)OPAL対応 256GB SSD(M.2 2280, NVMe)OPAL対応
カードスロット スマートカードリーダーあり スマートカードリーダーあり
価格(2019/4/7まで) 169,760 187,434

しかし、届いてから1週間ほど経った頃にT490を発表するか。といっても大幅なUPGRADEになっていないので、ホッとした。

T3500:TvTest , EDCB xtne6f版 build

下記サイトがわかりやすかったです。

参考にしながらEDCB xtne6f版 と TvTest をbuildする。

https://github.com/xtne6f/EDCB/releases

にバイナリが上がっているので、BuildしなくてもOKだけど、今後 Buildするかもしれないので、環境だけ作っておこう。EpgDataCap_Bon.exeが入っていないので、Buildしなくちゃいけないですね。

https://enctools.com/ このサイト すごくわかりやすくていいです。club535で解説を書いていこうと思ってましたが、https://enctools.com/を参考にする方が良い。

xtne6f版EDCBをVS2017でビルドする

TVTest0.9.0をVS2017でビルドする

設定

TvTest 0.9.0のBuildが思いのほか時間かかりました。

T3500:Spinel3 + BonDriver BonDriver_PT3-ST

あとあとEpgDataCap_Bonなどで必要になると思われるランタイムをインストールしておく。

Microsoft Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージ

Spinel3の導入

展開して、配置するだけでOK

Spinel_ver3.6.1.1

DTV関係ファイル置場

BonDriver_PT3- ST(お試し人柱版4)[up0985.zip]

(参考)

秋の夜長はPT3のセットアップ PT3 + softCas + TVtest + spinel + EDCB

https://github.com/epgdatacapbon/BonDriver_PT3-ST

PT3の設定を書き込む

BonDriverMapping.json

    /* BonDriver_PT3-ST */
    {
        "DeviceName": "PT3",
        "Mapping": {
            "ISDB_T": "^BonDriver_PT3-T.*?\\.dll$",
            "ISDB_S": "^BonDriver_PT3-S.*?\\.dll$",
        }
    },

\DeviceDefinitions\EarthSoft.xml (2018/11/7)

  <DeviceDefinition DeviceName="PT3" DisplayName="EarthSoft PT3">
    <TunerDefinitions>
      <TunerDefinition TunerType="ISDB_T" Count="2">
        <ChannelCategories>
          <ChannelCategory>UHF</ChannelCategory>
          <ChannelCategory>CATV</ChannelCategory>
          <ChannelCategory>VHF</ChannelCategory>
        </ChannelCategories>
      </TunerDefinition>
      <TunerDefinition TunerType="ISDB_S" Count="2">
        <ChannelCategories>
          <ChannelCategory>BS</ChannelCategory>
          <ChannelCategory>CS110</ChannelCategory>
        </ChannelCategories>
      </TunerDefinition>
    </TunerDefinitions>
  </DeviceDefinition>

PT3 BonDriver-STの配置

Spinel3\BonDriverに配置する

BonDriver_PT3-S.dllはコピーしBonDriver_PT3-S0.dll、BonDriver_PT3-S1.dll

BonDriver_PT3-T.dllはコピーしBonDriver_PT3-T0.dll、BonDriver_PT3-T1.dll

BonDriver_PT3-S.ChSet.txt
BonDriver_PT3-S0.dll
BonDriver_PT3-S1.dll
BonDriver_PT3-ST.ini
BonDriver_PT3-T.ChSet.txt
BonDriver_PT3-T0.dll
BonDriver_PT3-T1.dll
PT3Ctrl.exe

BonDriver_PT3-ST.ini

新チャンネルに合わせたChSetの変更

間違いがあったので、こちらに変更(BonDriver_PT3-S.ChSet)2018/11/7

;BS/CS用
;チューナー空間(タブ区切り:$名称	BonDriverとしてのチューナ空間)
$BS	0
$CS110	1
;チャンネル(タブ区切り:名称	BonDriverとしてのチューナ空間	BonDriverとしてのチャンネル	PTxとしてのチャンネル	TSID(10進数で衛星波以外は0))
BS01/TS0 BS朝日 	0	0	0	16400
BS01/TS1 BS-TBS	0	1	0	16401
BS01/TS2 BSジャパン	0	2	0	16402
BS03/TS0 WOWOW PRIME	0	3	1	16432
BS03/TS1 NHK BS Premium	0	4	1	16433
BS03/TS2 BSディズニー	0	5	1	17970
BS05/TS0 WOWOW LIVE	0	6	2	17488
BS05/TS1 WOWOW CINEMA	0	7	2	17489
BS09/TS0 BS11   	0	8	4	16528
BS09/TS1 STAR CH1	0	9	4	16529
BS09/TS2 TwellV 	0	10	4	16530
BS11/TS0 FOX bs238	0	11	5	18096
BS11/TS1 スカパーエンタ	0	12	5	18097
BS11/TS2 放送大学	0	13	5	18098
BS13/TS0 BS日テレ	0	14	6	16592
BS13/TS1 BSフジ 	0	15	6	16593
BS13/TS2 BSアニマックス	0	16	6	18130
BS15/TS1 NHK BS1	0	17	7	16625
BS15/TS2 STAR CH2/3	0	18	7	16626
BS19/TS0 GreenChannel	0	19	9	18224
BS19/TS1 J Sports1	0	20	9	18225
BS19/TS2 J Sports2	0	21	9	18226
BS21/TS0 イマジカBS	0	22	10	18256
BS21/TS1 J Sports3	0	23	10	18257
BS21/TS2 J Sports4	0	24	10	18258
BS23/TS0 BS釣りビジョン	0	25	11	18288
BS23/TS1 BS J映画専門ch	0	26	11	18289
BS23/TS2 D-Life 	0	27	11	18290
ND2	1	0	12	24608
ND4	1	1	13	28736
ND6	1	2	14	28768
ND8	1	3	15	24704
ND10	1	4	16	24736
ND12	1	5	17	28864
ND14	1	6	18	28896
ND16	1	7	19	28928
ND18	1	8	20	28960
ND20	1	9	21	28992
ND22	1	10	22	29024
ND24	1	11	23	29056

一通り設定が終わったので、Spinelを起動する。

キチンと動作している。

次は、Spinelの動作確認のため、TvTestを入れてみよう。

T3500:PT3インストール

Windowsのインストール環境設定が完了したので、鯖構築を始める。
マシンにPT3を導入し、SDKとドライバをインストールする。

https://earthsoft.jp/PT3/download_SHA-2.html

アースソフトからドライバをDLし、インストールする。

ドライバ
https://earthsoft.jp/PT3/bin/PT3-Driver-400+.exe

その後に、FPGA回路バージョンを確認する。
FPGA回路更新ツール
https://earthsoft.jp/PT3/bin/PT3-Update-400+.exe

FPGA回路バージョンは0x04の最新版です。
cmd.exeでUpdate.exeを起動すると、認識しているPT3が表示される。

--+---+---+---+---
#  Bus Dev Fun PTn
--+---+---+---+---
0: (終了)
1:   1   0   0   3

1: が認識しているPT3です。
1: の更新が必要か確認するため、
>1を入力する。

C:\PT3-Update-400+\Update.exe
Update.exe for PT3 バージョン 4.0 2015/09/25
[デバイス選択メニュー]
   Bus:バス番号 / Dev:デバイス番号 / Fun:ファンクション番号 / PTn:品番
--+---+---+---+---
#  Bus Dev Fun PTn
--+---+---+---+---
0: (終了)
1:   1   0   0   3
>1
★FPGA 回路バージョンは 0x04 です。このツールの更新対象は 0x01~0x03 です。
[デバイス選択メニュー]
   Bus:バス番号 / Dev:デバイス番号 / Fun:ファンクション番号 / PTn:品番
--+---+---+---+---
#  Bus Dev Fun PTn
--+---+---+---+---
0: (終了)
1:   1   0   0   3
>0
続行するには何かキーを押してください . . .

「1」を入力すると、

★FPGA 回路バージョンは 0x04 です。このツールの更新対象は 0x01~0x03 です。

と表示されるので、この場合「FPGA 回路バージョンは 0x04」とあるので、最新版になっていることが確認出来ます。

確認完了後、「0」でプログラムが終了します。

続いて、SDKをインストールする。

https://earthsoft.jp/PT3/bin/PT3-SDK-400+.exe

QNAP UPS + VMware ESXi

先の記事でQNAPにUPSを接続し、QNAPのNUTでクライアントに商用電源の状態を送り、クライアントマシンをshutdownするまでの設定を行ったが、あと1台VMWare ESXiが稼働している。
このマシンにもshutdownの信号を受信できるよう少し調べてみたが、ssh経由でshutdownを行う感じで出来そうだ。

具体的には、QNAPのNUT SERVERからVMwareESXi上に展開したWindowsマシンでNUT CLIENTを建てて、商用電源の喪失信号を受けると、ShutdownScriptを走らせる。

upsmon.conf内のSHUTDOWNCMDを変更
OSのシャットダウンを行わず、ESXiにゲストの停止(/bin/shutdown.sh)とESXi自体の停止(poweroff)をSSHで実行すると良いそうだ。

#SHUTDOWNCMD “/sbin/shutdown -h +0”
SHUTDOWNCMD “/usr/bin/ssh root@ESXiのIP ‘/bin/shutdown.sh;/bin/poweroff’”

下記参考ページの構成と私の構成が異なっており、そのまま対応できない。
しかし、非常に参考になる。
参考ページのGuestOSはUbuntuを利用されているが、私の環境ではWindowsなので、WinNUTを使いGuestWindowsホストのupsmon.confにシャッドダウンコマンドにsshを足して設定すれば良さそうだ。
sshの設定は、参考ページと同じで良さそうだ。

upsmon.conf内のSHUTDOWNCMDを変更することでゲストOSのシャットダウンを行うのではなく、ESXiにゲストの停止(/bin/shutdown.sh)とESXi自体の停止(poweroff)をSSHで実行する。
#SHUTDOWNCMD “/sbin/shutdown -h +0”
SHUTDOWNCMD “/usr/bin/ssh root@ESXiのIP ‘/bin/shutdown.sh;/bin/poweroff'”

なお、これを動作させるためにはESXi上で以下の設定をしておく必要がある。
+ESXiへのSSHログインができるように設定しておく。~
→vSphere Clientからホストの[構成]-[セキュリティプロファイル]で[サービス]のプロパティを開きSSHを選んでオプションボタンを押す。「ホストに連携して開始および停止」を選んで開始ボタンを押した後、OKボタンを押す。
+nutを入れたサーバからのパスワードなしでコマンドを実行するために、SSHキーを登録する。~
→ESXiサーバの/etc/ssh/keys-root/authorized_keys にパブリックキーを登録する。
+ESXi 上でゲストOSの自動起動・停止を設定しておく。~
→vSphere Clientからホストの[構成]-ソフトウェア項目の[仮想マシン起動/シャットダウン]から自動起動設定を選ぶ。

VMwareESXiがGuestOSが何台か稼働中なので、間をみて設定しておくことにする。
参考)

VMware ESXiのUPS連携