アーカイブ

‘Linux’ カテゴリーのアーカイブ

Ubuntu 14.04 LTS rsyslog

2016 年 4 月 14 日 コメントはありません

syslogを1箇所で管理したいため、rsyslogに受信設定を行う。

# diff rsyslog.conf rsyslog.conf.org 
18,20c18,20
< $ModLoad imudp
< $UDPServerRun 514
< $AllowedSender UDP ,127.0.0.1,192.168.10.0/24 --- > #$ModLoad imudp
> #$UDPServerRun 514
> 
22,24c22,24
< $ModLoad imtcp
< $InputTCPServerRun 514
< $AllowedSender TCP, 127.0.0.1.192.168.10.0/24 --- > #$ModLoad imtcp
> #$InputTCPServerRun 514
> 

rsyslog設定を読み直す。

# killall rsyslogd

rtx1200のログを転送する設定

syslog host [rsyslog_host ip address]
syslog facility local6
syslog notice on

転送されたlogは、全て/var/log/syslogに出てくるので、切り分けをする。

mkdir -p /var/log/recived
chown syslog:adm /var/log/recived
# vi 10-reviced.conf
:hostname, isequal, "router.home.local"   /var/log/recived/rtx1200.log
& ~ ← /var/log/syslogに記録したくない為
# killall rsyslogd

切り分けできているか、確認

tail -f /var/log/recived/rtx1200.log
Apr 14 15:50:34 router.home.local [IKE] receive heartbeat message from xxx.xxx.xxx.xxx
Apr 14 15:50:34 router.home.local [IKE] still connected : no message
Apr 14 15:50:34 router.home.local [IKE] receive heartbeat message from xxx.xxx.xxx.xxx
Apr 14 15:50:34 router.home.local [IKE] still connected : no message
Apr 14 15:50:34 router.home.local [IKE] receive heartbeat message from xxx.xxx.xxx.xxx
Apr 14 15:50:34 router.home.local [IKE] still connected : no message

つらつら受信している。
本体ログには、記録されていない。

logrotateの設定
/var/log/recived/*.logが新たに増えたので、logrotateに加える。

cat /etc/logrotate.d/recived
/var/log/recived/*.log {
        weekly
        missingok
        rotate 52
        compress
        notifempty
        create 640 syslog adm
        sharedscripts
}

logrotateはcronで動いているので、cronを再起動

service cron restart

動作確認をする。

logrotate -d /etc/logrotate.d/recived
# logrotate -d /etc/logrotate.d/recived
reading config file /etc/logrotate.d/recived

Handling 1 logs

rotating pattern: /var/log/recived/*.log  weekly (52 rotations)
empty log files are not rotated, old logs are removed
considering log /var/log/recived/rtx1200.log
  log does not need rotating

まだlogが溜まってないから、rotationする必要が無いと。
暫くしたら、rotateしたlogがあるか、確認してみる。

カテゴリー: Linux, RTX1200 タグ:

www.club535.com を ssl 対応してみた。

2016 年 4 月 13 日 コメントはありません

535_sslLet’s Encryptで90日ごとに証明書を更新しないといけないが・・・
一応 httpsで接続出来て、今までの記事が読めることを確認した。

私が使っているさくらインターネットでの契約では、root権限は持てないので、
ローカルで証明書を作成し、さくらインターネットコントロールパネルで登録した。

まず始めにさくらインターネットコントロールパネルで、ドメインの設定を行う。

設定は、
契約情報-契約サービスの確認-サーバの設定-ドメイン設定

トップドメインの設定を変更

  1. wwwを付与せずマルチドメインとして使用する
  2. 新しいドメインの追加でwww.club535.comを登録

let’s encryptをインストールしたのは、Ubuntu 14.04 LTS
git cloneで作成

$ git clone https://github/letencrypt/letsencrypt
$ cd letsencrypt/
$ ./letsencrypt-auto --help all

letencrypt-auto –help all を起動すると、必要なパッケージを自動的にインストールしてくれる。
開発環境を整えていないため、結構な数がインストールされた。
./letsencrypt-auto certonly –manual

mkdir -p .well-known/acme-challenge  
# printf "%s" long_long_code > .well-known/acme-challenge/long_long_code

途中、www.club535.comにファイルを置くよう指示され、そのとおりファイルを置き、続ける。
wwwの持ち主確認が行われるわけですね。
一通り証明書の作成が完了したら、作成された証明書を配置する。
作成されるのは、

 # ls /etc/letsencrypt/live/【Domain name】
 cert.pem chain.pem fullchain.pem privkey.pem
 

privkey.pemをさくらインターネットコントロールパネルでアップロードし、
cert.pemの内容をテキストで貼り付けて完了

あとは、wordpressの設定で

  • wordpress アドレス(URL)
  • wordpress (URL)

をhttpsに変更して完了。

しかし、一部コンテンツに影響があり、cssあたりが読み込めてない感じだ。
追いかけるのが面倒だ。

最初から、httpsで導入すれば問題無いのだろうけど・・・

カテゴリー: Linux, つぶやき タグ:

Ubuntu 14.04.4 LTS apt-cacher-ng install

2016 年 4 月 9 日 コメントはありません

apt-cacher-ngのインストール

 # apt-get install apt-cacher-ng

apt用のプロキシの設定

 # vi /etc/apt/apt.conf.d/02proxy
Acquire::http::Proxy "http://127.0.0.1:3142/";
Acquire::ftp::Proxy "ftp://127.0.0.1:3142";

クライアントの02proxyは適時サーバーアドレスを書き換える。

http://127.0.0.1:3142にアクセスしてTransfer Statisticsを確認したり、キャッシュの整理が可能
アクセス制限は、security.confに書けばよい。

# vi /etc/apt-cacher-ng/security.conf
AdminAuth: [ID]:[password]
カテゴリー: Linux タグ:

netatmo api で温度取得

2016 年 3 月 30 日 コメントはありません

netatmo apiを利用してTemperatureを取得したので、自分の備忘として。

phpとpythonでデータ取得を試してみた。

phpでは、battery_vpの取得方法がわからん。

pythonでは、WeatherStationが複数ある場合、個々の取得方法がわからん。

今回は、1拠点のバッテリー数値の取得は、pythonで行い、温度はphpを使った。

netatmoのModule1が外部温度センサーに割り当てられbattery_vpがある。
この数値がイマイチよくわからない

/*for raingauge and outdoor module*/
class NABatteryLevelModule
{
/* Battery range: 6000 … 3600 */
const BATTERY_LEVEL_0 = 5500;/*full*/
const BATTERY_LEVEL_1 = 5000;/*high*/
const BATTERY_LEVEL_2 = 4500;/*medium*/
const BATTERY_LEVEL_3 = 4000;/*low*/
/* below 4000: very low */
}

のように書かれているので、cactiでThresholdsを設定する。
値は、Warnigを4100、Alertを4500とした。

Netatmo-API-PHP

netatmo.php

#!/usr/bin/php
<?php /** * Example of Weather station API * If you need more details, please take a glance at https://dev.netatmo.com/doc */ define('__ROOT__', dirname(dirname(__FILE__))); require_once (__ROOT__.'/src/Netatmo/autoload.php'); require_once 'Utils.php'; require_once 'Config.php'; /** * Prints a list of devices * */ function printDevices($devices, $title = NULL) { if(!is_null($devices) &amp;&amp; is_array($devices) &amp;&amp; !empty($devices)) { if(!is_null($title)) printMessageWithBorder($title); foreach($devices as $device) { printWSBasicInfo($device); } } } $scope = Netatmo\Common\NAScopes::SCOPE_READ_STATION; $config = array("client_id" =&gt; $client_id,
                "client_secret" =&gt; $client_secret,
                "username" =&gt; $test_username,
                "password" =&gt; $test_password);

$client = new Netatmo\Clients\NAWSApiClient($config);

//Authentication with Netatmo server (OAuth2)
try
{
    $tokens = $client-&gt;getAccessToken();
}
catch(Netatmo\Exceptions\NAClientException $ex)
{
    handleError("An error happened while trying to retrieve your tokens: " .$ex-&gt;getMessage()."\n", TRUE);
}

//Retrieve user's Weather Stations Information

try
{
    //retrieve all stations belonging to the user, and also his favorite ones
    $data = $client-&gt;getData(NULL, TRUE);
//    printMessageWithBorder("Weather Stations Basic Information");
}
catch(Netatmo\Exceptions\NAClientException $ex)
{
    handleError("An error occured while retrieving data: ". $ex-&gt;getMessage()."\n", TRUE);
}

if(empty($data['devices']))
{
    echo 'No devices affiliated to user';
}
else
{

    $users = array();
    $friends = array();
    $fav = array();
    $device = $data['devices'][0];
    $tz = isset($device['place']['timezone']) ? $device['place']['timezone'] : "GMT";

    //devices are already sorted in the following way: first weather stations owned by user, then "friend" WS, and finally favorites stations. Still let's store them in different arrays according to their type
    foreach($data['devices'] as $device)
    {

        //favorites have both "favorite" and "read_only" flag set to true, whereas friends only have read_only
        if(isset($device['favorite']) &amp;&amp; $device['favorite'])
            $fav[] = $device;
        else if(isset($device['read_only']) &amp;&amp; $device['read_only'])
            $friends[] = $device;
        else $users[] = $device;
    }

    //print first User's device Then friends, then favorite
    printDevices($users, "User's weather stations");
//    printDevices($friends, "User's friends weather stations");
//    printDevices($fav, "User's favorite weather stations");

}
?>;

バッテリーデータを取得するのは、こんな感じで調整した。

print ($module['battery_vp'])."\n";

netatmo.shでデータ取得
netatmo.sh

#!/bin/sh

cd /usr/share/cacti/site/scripts/netatmo-api/bin
/usr/bin/php ./netatmo.php &gt;/tmp/netatmo.data

indoor=`cat /tmp/netatmo.data |sed  -e '11,11!d'|cut -d' ' -f2`
outdoor=`cat /tmp/netatmo.data |sed  -e '29,29!d'|cut -d' ' -f2`
indoorh=`cat /tmp/netatmo.data |sed  -e '45,45!d'|cut -d' ' -f2`
outdoorh=`cat /tmp/netatmo.data |sed  -e '63,63!d'|cut -d' ' -f2`

printf ' Indoor:'$indoor
printf ' Outdoor:'$outdoor
printf ' Indoorh:'$indoorh
printf ' Outdoorh:'$outdoorh

rm /tmp/netatmo.data

exit 0

netatmo-api-python

netatmo.py

#!/usr/bin/python3
# encoding=utf-8

# 2013-01 : philippelt@users.sourceforge.net 

# Just connect to a Netatmo account, and print internal and external temperature of the default (or single) station
# In this case, sensors of the station and the external module have been named 'internal' and 'external' in the
# Account station settings.

import lnetatmo

authorization = lnetatmo.ClientAuth()
devList = lnetatmo.DeviceList(authorization)

#print ("Current temperature (inside/outside/battry): %s / %s °C" %
#        ( devList.lastData()['Indoor']['Temperature'],
#          devList.lastData()['Outdoor']['Temperature']),
#         devList.lastData()['Outdoor']['battery_vp']
#)

print   "Inndoor:",devList.lastData()['Indoor']['Temperature']
print   "Outdoor:",devList.lastData()['Outdoor']['Temperature']
print   "Battery:",devList.lastData()['Outdoor']['battery_vp']

#print('External module battery : ', "OK" if int(devList.lastData()['Outdoor']['battery_vp']) &gt; 5000 else "0" )

netatmo.sh

cd /usr/share/cacti/site/scripts/
python netatmo.py &gt; /tmp/netatmo

indoor=`cat /tmp/netatmo|grep Inndoor|cut -b10-`
outdoor=`cat /tmp/netatmo|grep Outdoor|cut -b10-`
batt=`cat /tmp/netatmo|grep Battery|cut -b10-`

printf ' Indoor:'$indoor
printf ' Outdoor:'$outdoor
printf ' Battery:'$batt

rm /tmp/netatmo

exit 0

上に書いたソースを元に試行錯誤の結果このようなグラフで妥協した。

graph_image

温度データは取得出来ているのだが、グラフが結構途切れてしまう。

カテゴリー: Linux タグ:

YAMAHA WLX302 cacti script

2016 年 3 月 30 日 コメントはありません

先日の記事でYAMAHA WLX302 cacti templateのscriptを修正した。

前回は、curlで取得したHTTP DATAを加工して利用していたが、データの取得が不安定だった。
原因は特定していませんが、HTTPから取得する際にデータの取りこぼしがありました。

今回は、telenetを利用して取得していきます。
wlx302のtelnetは1ユーザーしか許可していない。
よって別端末からwlx302にtelnetでログインしていると、データは取得出来ません。

まずは、telnetにログインしてデータを取得するscriptを設置
使用しているwlx302のtelnetはloginIDとpasswdは設定していない。
設定している場合は、一番最初のechoのあとに、ID
次のechoの後に、passwdを入力

#!/bin/sh
sleep 1;echo
sleep 1;echo
sleep 3;echo "show status wlan-controller ap list member"
sleep 3;echo "show environment"
sleep 1;echo exit

これを、wlxauto.shで保存し、telnetへパイプで渡す。sleepはネットワーク環境等で調整する。

/bin/sh /usr/share/cacti/site/scripts/wlxauto.sh |telnet 192.168.xxx.xxx
Trying 192.168.xxx.xxx...
Connected to 192.168.xxx.xxx.
Escape character is '^]'.


Password: 

WLX302 BootROM Ver.1.xx

WLX302 Rev.12.xx.xx (Tue Jan  5 17:53:58 2016)
  Copyright (c) 1994-2015 Yamaha Corporation. All Rights Reserved.
00:a0:de:xx:xx:xx, 00:a0:de:xx:xx:xx, 00:a0:de:xx:xx:xx
Memory 256Mbytes
> 
> show status wlan-controller ap list member 
[00:a0:de:xx:xx:xx]
Connection      : --
Last update     : Mar 30 09:14:24 2016
System name     : WLX302_S44xxxxxx
System location : 
IP address      : 192.168.xxx.xxx
 [module1]
 Channel              : 1
 Transmit power rate  : 100
 Number of connection : 1
 [module2]
 Channel              : 36
 Transmit power rate  : 100
 Number of connection : 3

> show environment 
WLX302 BootROM Ver.1.xx
WLX302 Rev.12.xx.xx (Tue Jan  5 17:53:58 2016)
  main:  WLX302 ver=00 serial=S44xxxxxx MAC-Address=00:a0:de:xx:xx:xx MAC-Addre
ss=00:a0:de:xx:xx:xx MAC-Address=00:a0:de:xx:xx:xx
CPU:   1%(5sec)   4%(1min)   4%(5min)    Memory: 28% used
Firmware: internal  Config. file: 0  
Boot time: 2016/03/25 21:52:58 +09:00
Current time: 2016/03/30 09:14:58 +09:00
Elapsed time from boot: 4days 11:22:00
Security Class: 1, FORGET: ON, TELNET: OFF
Inside Temperature(C.): 36
Power: PoE
State of cooperation: NONE
> Connection closed by foreign host.

このようにデータが流れれば取得出来ている。
wlxget.shを書き直す。
データ加工はうまく書けないので、いじくり回した結果このようになりました。

/bin/sh /usr/share/cacti/site/scripts/wlxauto.sh |telnet 192.168.xxx.xxx > /tmp/wlxtelnetget.log

wlxload=`cat /tmp/wlxtelnetget.log |sed  -e '36,36!d'|cut -c29-30`
wlxmem=`cat /tmp/wlxtelnetget.log |sed  -e '36,36!d'|cut -c50-51`
wlxtemp=`cat /tmp/wlxtelnetget.log |sed  -e '42,42!d'|cut -c25-26`
wlx24as=`cat /tmp/wlxtelnetget.log |sed  -e '25,25!d'|cut -c24-25`
wlx5as=`cat /tmp/wlxtelnetget.log | sed -e '29,29!d'|cut -c24-25`

wlxload=`echo $wlxload`
wlxmem=`echo $wlxmem`
wlxtemp=`echo $wlxtemp`
wlx24as=`echo $wlx24as`
wlx5as=`echo $wlx5as`

# wlxload:4 wlxmem:29 wlxtemp:38 wlx24as:1 wlx5as:4

#CPU (5sec)
printf ' wlxload:'$wlxload
printf ' wlxmem:'$wlxmem
printf ' wlxtemp:'$wlxtemp
printf ' wlx24as:'$wlx24as
printf ' wlx5as:'$wlx5as

rm /tmp/wlxtelnetget.log

exit 0

走らせてみる。

$ sh wlxget.sh 
Connection closed by foreign host.
 wlxload:4 wlxmem:28 wlxtemp:36 wlx24as:1 wlx5as:3$

wlx302_graph_image

カテゴリー: Linux タグ: