VineSeedへ移行

VineLinux2.6r3 rc2 Seed 移行方法

http://mic.vis.ne.jp/posiwiki/pukiwiki.php?Linux%2FVineLinux2.6r3%20rc2

これを参考にVMware上でアップデートしてみた。

apt,rpm関連の手動アップデート

http://vinelinux.org/~shaolin/26-to-Seed/
を参考にしながらパッケージを手動でアップデートする。

apt-0.5.4.cnc.9-0vl16.26.i386.rpm
apt-devel-0.5.4.cnc.9-0vl16.26.i386.rpm
popt-1.6.4-18vl10.26.i386.rpm
rpm-4.0.4-18vl10.26.i386.rpm
rpm-build-4.0.4-18vl10.26.i386.rpm
rpm-devel-4.0.4-18vl10.26.i386.rpm
rpm-perl-4.0.4-18vl10.26.i386.rpm
rpm-python-4.0.4-18vl10.26.i386.rpm

をダウンロードしインストール、RPMデータベースのアップデートを行う。

# rpm -Fvh {rpm,popt,apt}*rpm
# rpm –rebuilddb

apt-lineの変更

Seed環境にする為にapt-lineを編集する。
まずはVine Linux 2.6 Updateに記述されているラインをコメントし 最後のほうにSeedの記述があるが
そこに記述されているのは若干ミラーが遅いようなので、ASAHI-netの記述を追加する。

## (k-opti.com)
rpm http://ring.k-opti.com/pub/linux/Vine/apt VineSeed/$(ARCH) main plus plus-noarch
rpm-src http://ring.k-opti.com/pub/linux/Vine/apt VineSeed/$(ARCH) main plus

アップデート開始 readlineが新しいバージョンに移行してしまいそのままアップグレードすると
旧readlineに依存したパッケージが削除されてしまうので、互換パッケージであるreadline41をインストールする。
これは旧バージョンのreadlineが新しいバージョンのreadlineに移行したら消され予定らしいので注意。
しかし、実際にはglibc関連のエラー表示でアップデートできない等 いろいろ不具合があるため、下記の要領でアップデートした。

# apt-get dist-update
# apt-get install apt apt-devel readline readline-devel readline41
# rpm –rebuilddb
# apt-get upgrade
# apt-get remove gnome-hoge
# apt-get dist-upgrade

あとは、カーネルを新しいものに変えて、lilo.confを変更して完了

php-4.3.4 ソースからインストール(VineLinux 2.6r3)

http://www.php.net/downloads.php http://nonsugar.ddo.jp/docs/php-install/php_install.html
xoopsのアバターメーカーを導入するために、gd2以上をインストールしないといけないため、作業してみた。
これに伴い、phpのアップデートも必要になった。
Vineではgd-1.8.3のためgd-2.0以上必修のアバターメーカーが正常に動かない。

gdインストール

Vine用 SRPM http://radar.sci.hokudai.ac.jp/~kato/computer/Linux/RPM/

gdについては、srpmを見つけたためそれをrebuildしてインストール 手順としては、gdを一度アンインストールする
そのとき、phpも削除されてしまうので、php.iniのバックアップをしておく

http://radar.sci.hokudai.ac.jp/~kato/computer/Linux/RPM/SRPMS/ 【gd.2.0.12-1.srpm】

# cp /etc/php.ini /etc/php.ini.org
# rpm –rebuild gd.2.0.12-1.srpm
# apt-get remove gd
# rpm -ivh gd-2.0.12-1.i386.rpm [[詳細情報 http://radar.sci.hokudai.ac.jp/~kato/computer/Linux/RPM/rpmlist.cgi?name=RPMS%2Fgd-2.0.12-1.i386.rpm]]
# rpm -ivh gd-devel-2.0.12-1.i386.rpm [[詳細情報 http://radar.sci.hokudai.ac.jp/~kato/computer/Linux/RPM/rpmlist.cgi?name=RPMS%2Fgd-devel-2.0.12-1.i386.rpm]]
# rpm -ivh gd-progs-2.0.12-1.i386.rpm [[詳細情報 http://radar.sci.hokudai.ac.jp/~kato/computer/Linux/RPM/rpmlist.cgi?name=RPMS%2Fgd-progs-2.0.12-1.i386.rpm]]

phpインストール phpインストールができたら、php.iniを書き戻しhttpdをリスタートする。

# ./configure –with-apxs=/usr/sbin/apxs –enable-mbstring –enable-mbstr-enc-trans
–enable-gd-native-ttf –with-gd=/usr –with-jpeg-dir=/usr –with-zlib=/usr
–with-png=/usr –with-ttf –enable-zend-multibyte –enable-mbregex –enable-ftp
–enable-sysvsem –enable-sysvshm –with-bz2 –with-openssl –with-gdbm
–with-config-file-path=/etc
# make
# make install
# cp /etc/php.ini.org /etc/php.ini
# /etc/rc.d/init.d/httpd restart

osCommerce

会社のネット販売のページでも作成するかな osCommerce 参考

ルーター等のログをsyslogdで受ける

ルーター等のログをVineなどのsyslogで受けるには、

/etc/sysconfig/syslog SYSLOGD_OPTIONS=”-r -m 0″

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA