DELL POWEREGDE 1950 on Solaris 10 Update6

まず、課題であったJava Web Console ZFS Administrationの稼働にこぎ着けました。

インストールまでの経緯

  • Solaris 10 U5
    1. MegaRaidのドライバが入っていないため、LSI Logicからmega_sas.isoを導入
    2. Broadcom NICのドライバが動かないため、Broadcomからbcmedu.imgを導入
    3. 結果的に、NICが動かず見送り
  • OpenSolaris 0811
    1. MegaRaid/NICとも動いたが、JavaWebConsoleが動かない
    2. sol-nv-b113-x86-dvdのJavaWebConsoleを動かそうとしたが、無理(バージョンが進んでしまったのかも):参考
    3. 結果的に導入見送り
  • Solaris 10 U6
    1. MegaRaid・NIC共に、ドライバが入っておりインストールは至極簡単に終わる。
    2. JavaWebConsoleにバグが有り、smpatchを当てて稼働確認
    3. 導入決定

と、かなりのインストール・再インストールを繰り返しました。結果的に理想のSolaris 10 Update6での導入が可能となり非常に満足。

手順

Solaris 10 U6をOEM SUPPORTでインストール。もちろんZFS-ROOT。インストール完了後、smpatchを当てる。

Varius musings by meというサイトに情報があった。このページの真ん中当たり。「6789」で検索したところに情報有り。

  1. smcwebserver stop
  2. Patches tried to address the issues:
    141104-01 <– Specific for ZFS.
    125952-18
    127683-04
    138553-04
    とあり、141104-01とそれに依存するパッチを適用
  3. smcwebserver start
  4. https://localhost:6789
    ローカルホストからzfs adminが使えることを確認
  5. smcwebserver stop
  6. svccfg -s svc:/system/webconsole setprop options/tcp_listen = true
  7. smcwebserver start
  8. 別ホストからアクセス出来ることを確認

zfs_admin

このようにバッチリアクセス可能です。

続いての作業は、bind パッチあてと各ハードウェアのFirmware VersionUpです。OS入れる前にしとけと・・・

DELL POWEREGDE 1950 on Solaris 10 Update6” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です