dns , dhcpd を RTX1200へ

自宅のbindを変更してみた。

理由は簡単で、現在atomマシンにubuntuを入れてサービスしているのですが、SSDにシステムをインストールしているのが原因か?よく止まる(プチフリ)んです。

これが、結構頻繁に起こるのためcronで夜中再起動させていたのですが、どうも安定起動しておりません。

昨年末当たりから、別途サーバーを導入しようか、再インストールしようか、Qnap上で./configureしようか、かなり試行錯誤をしておりました。

一応、qnap上で環境は作ったもののqnapには大量にファイルを保存して再生などしているため、速度面で不味いことになるかもしれないと思い、サービスできる状態にだけしておりました。

昨日、なにげにRTXコマンドリファレンスを眺めていると、「24.dnsの設定」とあるじゃないですか!

しかも、静的DNSレコードの登録も可能!

ちゃんとついているんですねー。

# dig @router FQDN

動いてます。

静的DNSレコードの登録

# ip host hoge 192.168.XXX.XXX
# ip host fuga 192.168.XXX.XXX

のように登録していきます。

ついでに、cacheと参照許可するホストの設定をしておきます。

# dns cache use on
# dns host 192.168.XXX.XXX-192.168.XXX.XXX

configにflashして終了

# save

YAMAHA ギガアクセスVPNルーター RTX1200

dhcpdの設定を書き忘れていた。(2010/01/09追記)

# dhcp service server
# dhcp duplicate check 100 off
# dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
# dhcp scope 1 192.168.xxx.xxx-192.168.xxx.xxx/24
# dhcp scope option 1 wins_server=192.168.xxx.xxx
# wins server 192.168.xxx.xxx
# save

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です