RasPi2 distcc

最終的に、asterisk PBXを導入するつもりだが、apt-get でインストール出来るasteriskにはdahdi等、必要となるkernel moduleがある。

となると、kernel makeをしなくちゃなりません。

armの4coreと言えどmakeには時間がかかるので、分散コンパイル出来る環境を整える。

distcc server → raspi2-1:192.168.1.1

distcc client → raspi2-2:192.168.1.2

distccのインストール

distcc server

# apt-get install distcc build-essential
# vi /etc/default/distcc

STARTDISTCC="true"
ALLOWEDNETS="192.168.1.0/24"
LISTENER="0.0.0.0"
ZEROCONF="false"

distccはboot時に自動起動させたいので、

# update-rc.d distcc enable

distcc client

$ export DISTCC_HOSTS="localhost 192.168.1.1"

exportは毎回面倒なので、
bashrc等に、export 設定を書いておいてもOK

discc で compile

clientから適当なsourceをmake してみる
raspi2は4coreなので、-jはコア数の1.5倍程度にする。

# CC=distcc ./configure
# CC=distcc make -j12

確認

本来なら、

distccmon-text 1

で分散コンパイルの状況を確認できるが、一向にログが流れない。
しかし、tail -f /var/log/distcc.logをみるとちゃんとコンパイルされていることがわかる。

2台以上のraspi2でdistccを設定しておけば、どちらのマシンからmakeしても分散されるので便利。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA