YAMAHA RTX1200 覚書1

ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1200

工場出荷時のIP ADDRESSは、192.168.100.1に割当されている。

RTX1200にはGUIが搭載されており、192.168.100.1にアクセスするとWEB GUIである程度の徹底変更が可能。もちろん接続するPCのIP ADDRESSは、192.168.100.2~254にしておかなければならない。

WEB GUIで設定できる項目はCLIに比べて少ないので、結局はCLIで接続後 細かな設定をしていかなければならない。

iBUFFALO USBシリアルケーブル(USBtypeA to D-sub9ピン)1.0m ブラックスケルトン BSUSRC0610BSCLIに接続するにはシリアルケーブル(RC-232C)でPCと接続する必要がある。RTX1200にはRS-232cケーブルは付属しているが昨今のPCにはRC-232c端子が無いものも多いので、USB/SERAIL変換ケーブルを準備しておくと何かと重宝します。

またRTX1200と接続するには、クロスケーブルを使わないといけません。

CLIで接続するには、Windowsであれば標準搭載されているハイパーターミナルや、TeratermPro等が利用できますが、お薦めは、TeratermProです。

macだとcuコマンド等で利用可能です。

設定項目 設定値
データ転送速度 9600bps
キャラクタビット長 8
パリティチェック なし
ストップビット数 1
フロー制御 Xon/Xoff

接続の基本的項目は以上です。

次は、実際の仕方を書いてみたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です