YAMAHA RTX1200 覚書2

RTX1200のIP ADDRESS、接続するマシンのIP ADDRESSの設定とシリアルケーブルの接続やドライバ設定が済めば、実際に接続してみる。

  • Windowsの場合 Teraterm pro であれば各項目を設定し、接続をSerialにしてOKを押せば、接続が確立される。
  • Macの場合、USB/SERIAL変換が必修となってくるので、ドライバのインストール後、ttyの何処に設定されたかを確認し、cuコマンドで接続する。
  • ログイン後、モード切替の必要があり一般ユーザーとadministratorがあり、一般ユーザーでは、config等の確認は出来るが設定を行うことが出来ない。
    設定するためには、administratorでログインしておく。
    一般ユーザーのプロンプト >
    administratorのプロンプト #
  • コマンド入力は、ASCIIで行う。表示する文字コードとは関係ありません。
    簡単に言うと2バイト文字を使わないという感じです。

接続例

cu -l /dev/tty.KeySerial1

ちなみに、RTX1200の文字コードはS-JISとなっている。あとで変更も可能ではあります。

利用可能な文字コードは、SJIS , EUC , ASCII がある。

文字コード コンソールの文字
SJIS 日本語
EUC 日本語
ASCII 英語
TELNETで接続

TELNETでログインする場合、ログイン待ちとなってからエンターを押すと、


Password:

と表示される。工場出荷時はパスワードが設定されてないので、エンターを押してログイン出来ます。

SSHで接続

SSHで接続可能な状態にするために若干の設定が必要となる。
セキュリティの観点から可能な限りSSHでの接続をお薦めする。

SSHでログイン可能な状態にするため、TELNETやシリアル接続した状態にしておく。

RTX1200では、SSH V2、公開鍵暗号DSAとRSAによりホスト認証、パスワード認証、送信データ圧縮、クライアントの生存確認、IPv6をサポートしており、SSH同時接続ユーザー数は8IDまでである。

RTX1200のCLIは「TAB」保管もサポートしています。

SSHログイン設定

RTX1200にログインし、administratorに昇格しておきます。

# login user USERNAME PASSWORD ;USERNAME ログインに使用するID名 、PASSWORD ログインに使用するパスワード # sshd host key generate ;RTX1200のssh hostkey を作成 # sshd service on ;sshd 起動 [/text] ヘルプの利用

> help
1) At any time, you can type a '?' to help your typing on the console.
   In case typing command name is not complete, lists the available keywords.
   In case complete, displays the command format and description.

2) You can use following functions when typing commands: keyword completion,
   putting a previous command on the line, moving cursor or editing the line.
   
     Note: 'Ctrl + X' means typing the Ctrl key and X key simultaneously.

   ------------------------------------------------------------------------
   Completes keyword                         : Tab key
   ------------------------------------------------------------------------
   Puts the previous command on the line     : Ctrl + p, or UP arrow key
   Puts the next command on the line         : Ctrl + n, or DOWN arrow key
   ------------------------------------------------------------------------
   Moves cursor forward one character        : Ctrl + f, or RIGHT arrow key
   Moves cursor backward one character       : Ctrl + b, or LEFT arrow key
   Moves cursor to the end of the line       : Ctrl + e
   Moves cursor to the beggining of the line : Ctrl + a
   ------------------------------------------------------------------------
   Kills the pending input                   : Ctrl + c
   Erases one character at the cursor        : Ctrl + d
> show config 
# RTX1200 Rev.10.01.59 (Tue Aug 19 19:26:02 2014)
# MAC Address : 00:a0:de:xx:xx:xx, 00:a0:de:xx:xx:xx, 00:a0:de:xx:xx:xx
# Memory 128Mbytes, 3LAN, 1BRI
# main:  RTX1200 ver=b0 serial=D2600xxxx MAC-Address=00:a0:de:xx:xx:xx MAC-Addr
ess=00:a0:de:xx:xx:xx MAC-Address=00:a0:de:xx:xx:xx
# Reporting Date: Apr 29 11:45:31 2015
login password encrypted *
administrator password encrypted *

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です