全社停電 最悪の結果

前回キュービクルの更新をしたのが2週間前だったのだけど、
その時は、滞りなく再起動まで出来たので安心していた。

つづいて、昨日キュービクルの点検・清掃で全社停電の予定通り、通電がストップしたわけだけど、再開予定から1時間半後に通電再開。

18時半に、ようやくサーバー類の再起動を始めた。

会社の商用電源は、緊急時発電機を設置して急場しのぎを出来るよう、回路盤が設置してある。この回路盤が唸っていたものだから、こっちでサーバーを再起動している最中に、2回も電源ON・OFFを繰り返しやがった。

おかげで、VMware上のHDD1台、2階のCISCO 2970が逝ってしまった。

CISCOはコールドスタンバイ機が1台あったので、入替、configの流し込みを行って、先ほど復旧。

復旧するまで、2階のサーバー類との接続が切れたままにするわけにはいかず、Trunkなしで1Gbpsで運用していた。

あとは、VMwareESXiの壊れたディスクを交換したが、新しいディスクも認識してくれない。

仕方ないので、今あるディスクに間借りする形で、VMwareイメージを流し込み中。4時間くらいかかりそうだ。

イメージの復旧が終われば、OSアップデートとかアプリのアップデートモロモロ今日いっぱいかかりそう。

憂鬱だ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA