ThinkPad X61 Tablet SSD化

X61にもSSD

使ったのは、OCZSSD2-1VTX120G 所謂 Vertex シリーズです。
どのSSDにしようか、結構な日数を迷いました。が、結果的にX61にインストールしていたHDDが120Gという容量なので、それ以下の容量ですと現在運用しているものが利用できなく恐れがあり、SSDかつ120GB以上の容量を持つものをピックアップすることになりました。
しかし、SSDで120GB以上の容量を持つのは、まだまだ種類が少なく選べるというレベルではありません。
実際 探してみると(店頭販売)OCZ製かBuffalo製のSHD-NSUM120Gしかありませんでした。容量は60GBになりますが、AKIBA PC HOTLINEに記事がありました。能力的に同程度の感じ。ただBuffalo製はUSB端子付 いまとなると、Buffalo製造が便利だったかも。
情報を集めいていたときに、見つけた記事でWindowsXPでAHCI化すると速度が速くなるとのことで、時間できたらやってみたい。

デジタル家電系日記

前置きはさておき、Diskmarkで計測してみました。

diskmark

結果はこのような数値になりました。

そこそこ数値になっているので快適です。
書き込みも、INTEL X25-M Mainstream SATA SSDと比べて遜色ない感じ。

しかし、TrueImageでディスク丸ごと落とし込んだつもりですが、WindowsXP以外のOSが起動してくれません。X61はWindows XP SP3とWindows Vista SP1それにUbuntu8.0.4LTSのトリプルブートです。

トリプルブートの問題は、最悪 2つのOSの再インストール作業が必要。めんどくせーなー!

さて、SSDの種類も4つめになりましたが、明日、Shuttleマシンでも計測し用途思います。

続いては、

Shuttle SG33G5 + SSD PATRIOT 128GB

shuttle_patriot

READは確かに早いですが、WRITEはOCZと比べると半分程度。価格的な差を考えるとPATRIOTでも十分だったかな。

比較したと言ってもマシンが違うので、体感程度と考えた方がよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA