メチャ焦った(^。^;;

viasv.comでは、大まかに下記機材で運用しております。

  1. Mac Mini × 3
  2. Promise Pegasus R6 × 3

導入が2011年頃だったと思うが、概ね3年強は常時運用していた計算だ。

当初、 Mac Mini × 2 を用いて、XSANファイルシステムを運用していたが、1台のMacMiniのXSANへ繋がらなくなり、コントローラーが1台という非常に不安定な運用をしていた。

いいかげん、データ量も半端ないのでHFS+で再構築することにした。

まず、Promise Pegasus R6を4TB×6台の仕様に変更し、RAID5+HOSTSPARE構成に再構築

その後、マシンに接続し順調にファイルの移行を始め、Thunderboltのおかげか、転送がメチャクチャ早い!

前回、Sunマシンから転送を完了するのは1週間ほどかかったと思うが、ファイルの全体量が増えているにもかかわらず、1日で全て移行が完了した。

正直 マジか!って思う速度でした。

いよいよ、新しいHFS+のみの運用に変更するため、旧XSANファイルシステムのRAIDを壊すコマンドを送った。

そして、大汗をかくわけである。

再起動後、なぜか見えない・・・

見えるのは、旧XSANのファイルシステムだけである。

ま・さ・か・!

はい、やってしまった。正常に移行が終わった方のHFS+のRAIDを自ら壊したのである。ここから2日間 非常に憂鬱な気分で記憶もあまり無い。

翌週、師匠に相談したところ、その状態だとPromiseに投げた方が良いとの答えを頂きました。

Promiseへダメ元で電話連絡し、なんと復旧することが出来たのです!!!

ほんとうにありがとう。

カテゴリー: Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA