raspi:環境設定

前回、SDカードにRaspbianOSのインストールを行ったので、OSを起動して自分の環境に合わせて設定していく。

SDカードをRasPiにセットし、Networkケーブル、HDMIケーブル、USBKeyboardを接続し、USB Powerで給電開始する。今回は、2018-06-27-raspbian-stretch-lite.imgをインストールしたため、CUI環境のみで利用するつもりだ。しかしいざ起動してみると、2018-06-27-raspbian-stretch.imgをインストールしていたようで、この通りX-Windowが起動してきた。
2018-06-27-raspbian-stretch.imgをインストールしたのであれば、マウスも必要になる。

電源投入後、Partitionのリサイズが自動的に行われる。

初期ユーザー
Login:pi@raspberry

OSのバージョンを確認しておく

$ uname -a
Linux raspberrypi 4.14.50-v7+ #1122 SMP Tue Jun 19 12:26:26 BST 2018 armv7l GNU/Linux
$ cat /etc/debian_version 
9.4

debian 9.4(stretch)だ。

rootのパスワードを設定しておく

piユーザーは嫌なので、新規にUserを作成

Default [pi]ユーザーのGroupを確認

$ groups pi

pi : pi adm dialout cdrom sudo audio video plugdev games users input netdev spi i2c gpio

sudo useradd --groups adm,dialout,cdrom,sudo,audio,video,plugdev,games,users,input,netdev,spi,i2c,gpio -m [user_name]

作成したuserのパスワードを設定

sudo passwd [user_name]

新しい UNIX パスワードを入力してください:
新しい UNIX パスワードを再入力してください:
passwd: パスワードは正しく更新されました

pi ユーザーを削除するので、その前に、作成したUserIDでlogin出来るか確認しておく。

piユーザーのロック

$ sudo passwd --lock pi

passwd: パスワード期限切れ情報を変更しました

新規作成したUserのshellが未設定なので、/etc/passwdに/bin/bashを追加

なにやら自動的に、apt-get update&apt-get upgradeがかかったようだ。
しばらく時間がかかりそう15分くらい???

$ sudo passwd
Enter new UNIX password:
Retype new UNIX password:

続いてネットワークをstaticに変更する。このRaspbianOSでは、以前の作法と変わっているようで、 IP ADDRESS は、このように設定した。

$ ip a s | grep glo
inet 192.168.0.136/24 brd 192.168.0.255 scope global enxb827ebf734ad

/etc/dhcpcd.conf
#interface eth0
interface enxb827ebf734ad
static ip_address=192.168.0.232/24
static routers=192.168.0.254
static domain_name_servers=192.168.0.254 8.8.8.8

言われるがままに、再起動する。

再起動後、sshdの起動設定を行う。再起動前にやっておけよ。

sshdの起動

$ sudo raspi-config
5 Interfacing Options
P2 SSH
P3 VNC
P4 SPI
P5 I2C

これで、sshdで作業が出来る環境が整いました。

piユーザーは嫌なので、直接/etc/passwd , /etc/group を編集し、別のユーザー名に変更
以下の作業は行わない方が良いかもしれない。後々問題が出てくるかもしれない。

$vi /etc/password

$vi /etc/group

$mv pi kaz

$root@ras2:/home# chown -R kaz:kaz kaz

$sudo passwd kaz

ssh鍵登録

macosで作成した鍵をraspiに登録する。

scp .ssh/id_rsa.pub ras:/home/username/.ssh/authorized_keys

macからsshでpassphrase無しでlogin出来る事を確認する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA