raspi:/boot/config.txt-Audio

CONFIG.TXT(3.5MMジャック)のオンボードアナログオーディオオプション

オンボードオーディオ出力は、アナログオーディオの駆動方法やファームウェア機能の有効/無効を変更するための設定オプションを使用します。

disable_audio_dither

デフォルトで1.0LSBのディザがアナログオーディオ出力にルーティングされる場合、オーディオストリームに適用されます。これにより、ALSAボリュームが低レベルに設定されている場合など、いくつかの状況で可聴バックグラウンドの「ヒス」が作成される可能性があります。ディザアプリケーションを無効にするには、に設定disable_audio_dither1ます。

enable_audio_dither

音声サンプルが16ビットより大きい場合、音声ディザ(上記のdisable_audio_ditherを参照)は通常無効になります。1すべてのビット深度に対して強制的にディザリングを使用するには、このオプションをオンに設定します。

pwm_sample_bits

pwm_sample_bitsコマンドは、アナログオーディオ出力のビット深度を調整します。デフォルトのビット深度は11です。下のビット深度を選択する8と、機能しないオーディオが発生します。8その結果、下の設定ではPLL周波数が低すぎるためサポートできません。これは一般に、ビット深度が量子化ノイズにどのように影響を与えるかのデモンストレーションとしてのみ有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA