raspi:/boot/config.txt-Video/Display

CONFIG.TXTのビデオオプション

コンポジットビデオモードのオプション

SDTV_MODE

このsdtv_modeコマンドは、コンポジットビデオ出力に使用されるTV規格を黄色のRCAジャックよりも上に定義します。デフォルト値は0です。

sdtv_mode 結果
0 通常のNTSC
1 日本語版NTSC – ペデスタルなし
2 通常のPAL
3 625/50ではなくPAL – 525/60のブラジル版、異なるサブキャリア

SDTV_ASPECT

sdtv_aspectコマンドは、コンポジットビデオ出力のアスペクト比を規定します。デフォルト値は1です。

sdtv_aspect 結果
1 4:3
2 14:9
3 16:9

SDTV_DISABLE_COLOURBURST

コンポジットビデオ出力のカラーバブルsdtv_disable_colourburst1無効にする設定。画像はモノクロで表示されますが、シャープに表示されることがあります。

HDMIモードのオプション

HDMI_SAFE

に設定hdmi_safeする1と、「安全モード」の設定が使用され、最大のHDMI互換性で起動しようとします。これは以下のパラメータを設定するのと同じです:

hdmi_force_hotplug=1
hdmi_ignore_edid=0xa5000080
config_hdmi_boost=4
hdmi_group=2
hdmi_mode=4
disable_overscan=0
overscan_left=24
overscan_right=24
overscan_top=24
overscan_bottom=24

HDMI_IGNORE_EDID

ディスプレイに正確なEDIDがない場合、EDID /ディスプレイデータを無視hdmi_ignore_edidする0xa5000080ように設定します。誤ってトリガーされないようにするためには、この珍しい値が必要です。

HDMI_EDID_FILE

を設定hdmi_edid_fileする1と、GPU edid.datはモニタからファイルを読み込むのではなく、ブートパーティションにあるファイルからEDIDデータを読み込みます。詳細はこちらをご覧ください

HDMI_FORCE_EDID_AUDIO

設定hdmi_force_edid_audioにすると、1すべてのオーディオフォーマットがサポートされ、これが報告されていなくてもDTS / AC3のパススルーを許可する、ディスプレイによってサポートされていることをふり。

HDMI_IGNORE_EDID_AUDIO

設定hdmi_ignore_edid_audioするために1、すべてのオーディオフォーマットは、ディスプレイによってサポートされないことをふり。つまり、ALSAはアナログオーディオ(ヘッドフォン)ジャックにデフォルト設定されます。

HDMI_FORCE_EDID_3D

EDIDがこれをサポートしていない場合でも、すべてのCEAモードが3Dをサポートするように設定hdmi_force_edid_3d1ます。

HDMI_IGNORE_CEC_INIT

に設定hdmi_ignore_cec_initする1と、起動中に送信された最初のアクティブソースメッセージが停止します。これにより、Raspberry Piを再起動しているときに、CECが有効なテレビがスタンバイ状態から抜け出ることが防止されます。

HDMI_IGNORE_CEC

テレビでCECがまったくサポートされていないhdmi_ignore_cec1する設定。CEC機能はサポートされません。

CEC_OSD_NAME

cec_osd_nameコマンドは、デバイスの初期CEC名前を設定します。デフォルトはRaspberry Piです。

HDMI_PIXEL_ENCODING

このhdmi_pixel_encodingコマンドは、ピクセルエンコーディングモードを強制します。デフォルトでは、EDIDから要求されたモードが使用されるため、変更する必要はありません。

hdmi_pixel_encoding 結果
0 デフォルト(CEAはRGB、DMTはRGBフル)
1 RGB制限(16〜235)
2 RGBフル(0-255)
3 YCbCr限定(16-235)
4 YCbCrフル(0-255)

HDMI_BLANKING

このhdmi_blankingコマンドでは、DPMSが起動されたときにHDMI出力をオフにするかどうかを選択できます。これは、他のコンピュータの動作を模倣するためです。特定の時間が経過すると、ディスプレイはブランクになり、信号を受信しないため低電力/スタンバイモードになります。

注:この機能は、フレームバッファを使用しないアプリケーション(omxplayerなど)を使用するときに問題を引き起こす可能性があります。

hdmi_blanking 結果
0 HDMI出力は無効にする代わりに空白になります
1 ブランキングではなくHDMI出力が無効になります

HDMI_DRIVE

このhdmi_driveコマンドでは、HDMI出力モードとDVI出力モードを選択できます。

hdmi_drive 結果
1 通常のDVIモード(音声なし)
2 通常のHDMIモード(サポートされている場合はサウンドが送信されます)

CONFIG_HDMI_BOOST

HDMIインターフェイスの信号強度を設定します。デフォルト値はで0あり、最大値はです11

元のモデルBとAのデフォルト値は2です。モデルB +およびそれ以降のすべてのモデルのデフォルト値は5です。

HDMIの問題(斑点、干渉)が見られる場合は、試してください7。非常に長いHDMIケーブルが必要な場合がありますが11、絶対に必要な場合を除き、この値を使用しないでください。

HDMI_GROUP

このhdmi_groupコマンドは、HDMI出力グループをCEA(Consumer Electronics Association、テレビで一般的に使用されている標準)またはDMT(ディスプレイで標準的に使用されている標準であるディスプレイモニタタイミング)のいずれかに設定します。この設定は、と組み合わせて使用​​する必要がありますhdmi_mode

hdmi_group 結果
0 EDIDからの自動検出
1 CEA
2 DMT

HDMI_MODE

一緒にhdmi_grouphdmi_modeHDMI出力形式を定義します。

ここにリストされていないカスタム表示モードを設定するには、このスレッドを参照してください。

これらの値は、hdmi_group=1(CEA)の場合に有効です。

hdmi_mode 解決 周波数 ノート
1 VGA(640×480)
2 480p 60Hz
3 480p 60Hz アスペクト比16:9
4 720p 60Hz
5 1080i 60Hz
6 480i 60Hz
7 480i 60Hz アスペクト比16:9
8 240p 60Hz
9 240p 60Hz アスペクト比16:9
10 480i 60Hz ピクセル4倍
11 480i 60Hz ピクセル4倍、アスペクト比16:9
12 240p 60Hz ピクセル4倍
13 240p 60Hz ピクセル4倍、アスペクト比16:9
14 480p 60Hz ピクセルダブリング
15 480p 60Hz ピクセルダブリング、16:9アスペクト比
16 1080p 60Hz
17 576p 50Hz
18 576p 50Hz アスペクト比16:9
19 720p 50Hz
20 1080i 50Hz
21 576i 50Hz
22 576i 50Hz アスペクト比16:9
23 288p 50Hz
24 288p 50Hz アスペクト比16:9
25 576i 50Hz ピクセル4倍
26 576i 50Hz ピクセル4倍、アスペクト比16:9
27 288p 50Hz ピクセル4倍
28 288p 50Hz ピクセル4倍、アスペクト比16:9
29 576p 50Hz ピクセルダブリング
30 576p 50Hz ピクセルダブリング、16:9アスペクト比
31 1080p 50Hz
32 1080p 24Hz
33 1080p 25Hz
34 1080p 30Hz
35 480p 60Hz ピクセル4倍
36 480p 60Hz ピクセル4倍、アスペクト比16:9
37 576p 50Hz ピクセル4倍
38 576p 50Hz ピクセル4倍、アスペクト比16:9
39 1080i 50Hz ブランキング削減
40 1080i 100Hz
41 720p 100Hz
42 576p 100Hz
43 576p 100Hz アスペクト比16:9
44 576i 100Hz
45 576i 100Hz アスペクト比16:9
46 1080i 120Hz
47 720p 120Hz
48 480p 120Hz
49 480p 120Hz アスペクト比16:9
50 480i 120Hz
51 480i 120Hz アスペクト比16:9
52 576p 200Hz
53 576p 200Hz アスペクト比16:9
54 576i 200Hz
55 576i 200Hz アスペクト比16:9
56 480p 240Hz
57 480p 240Hz アスペクト比16:9
58 480i 240Hz
59 480i 240Hz アスペクト比16:9

上記の表では、16:9のアスペクト比を持つモードは、通常4:3のアスペクト比を持つモードのワイドスクリーンの変形です。ピクセルダブリングおよび4倍は、より高いクロックレートを示し、各ピクセルはそれぞれ2または4回繰り返される。

これらの値は、hdmi_group=2(DMT)の場合に有効です。

hdmi_mode 解決 周波数 ノート
1 640×350 85Hz
2 640×400 85Hz
3 720×400 85Hz
4 640×480 60Hz
5 640×480 72Hz
6 640×480 75Hz
7 640×480 85Hz
8 800×600 56Hz
9 800×600 60Hz
10 800×600 72Hz
11 800×600 75Hz
12 800×600 85Hz
13 800×600 120Hz
14 848×480 60Hz
15 1024×768 43Hz ラズベリーパイと互換性がない
16 1024×768 60Hz
17 1024×768 70Hz
18 1024×768 75Hz
19 1024×768 85Hz
20 1024×768 120Hz
21 1152×864 75Hz
22 1280×768 ブランキング削減
23 1280×768 60Hz
24 1280×768 75Hz
25 1280×768 85Hz
26 1280×768 120Hz ブランキング削減
27 1280×800 ブランキング削減
28 1280×800 60Hz
29 1280×800 75Hz
30 1280×800 85Hz
31 1280×800 120Hz ブランキング削減
32 1280×960 60Hz
33 1280×960 85Hz
34 1280×960 120Hz ブランキング削減
35 1280×1024 60Hz
36 1280×1024 75Hz
37 1280×1024 85Hz
38 1280×1024 120Hz ブランキング削減
39 1360×768 60Hz
40 1360×768 120Hz ブランキング削減
41 1400×1050 ブランキング削減
42 1400×1050 60Hz
43 1400×1050 75Hz
44 1400×1050 85Hz
45 1400×1050 120Hz ブランキング削減
46 1440×900 ブランキング削減
47 1440×900 60Hz
48 1440×900 75Hz
49 1440×900 85Hz
50 1440×900 120Hz ブランキング削減
51 1600×1200 60Hz
52 1600×1200 65Hz
53 1600×1200 70Hz
54 1600×1200 75Hz
55 1600×1200 85Hz
56 1600×1200 120Hz ブランキング削減
57 1680×1050 ブランキング削減
58 1680×1050 60Hz
59 1680×1050 75Hz
60 1680×1050 85Hz
61 1680×1050 120Hz ブランキング削減
62 1792×1344 60Hz
63 1792×1344 75Hz
64 1792×1344 120Hz ブランキング削減
65 1856×1392 60Hz
66 1856×1392 75Hz
67 1856×1392 120Hz ブランキング削減
68 1920×1200 ブランキング削減
69 1920×1200 60Hz
70 1920×1200 75Hz
71 1920×1200 85Hz
72 1920×1200 120Hz ブランキング削減
73 1920×1440 60Hz
74 1920×1440 75Hz
75 1920×1440 120Hz ブランキング削減
76 2560×1600 ブランキング削減
77 2560×1600 60Hz
78 2560×1600 75Hz
79 2560×1600 85Hz
80 2560×1600 120Hz ブランキング削減
81 1366×768 60Hz
82 1920×1080 60Hz 1080p
83 1600×900 ブランキング削減
84 2048×1152 ブランキング削減
85 1280×720 60Hz 720p
86 1366×768 ブランキング削減

ピクセルクロックの制限があることに注意してください。最高サポートモードは、ブランキングを減らして60Hzで1920×1200です。

HDMI_TIMINGS

これにより、hdmi_group=2およびを使用して選択されたカスタムモードの生のHDMIタイミング値を設定できますhdmi_mode=87

hdmi_timings=<h_active_pixels> <h_sync_polarity> <h_front_porch> <h_sync_pulse> <h_back_porch> <v_active_lines> <v_sync_polarity> <v_front_porch> <v_sync_pulse> <v_back_porch> <v_sync_offset_a> <v_sync_offset_b> <pixel_rep> <frame_rate> <interlaced> <pixel_freq> <aspect_ratio>
<h_active_pixels> = horizontal pixels (width)  
<h_sync_polarity> = invert hsync polarity  
<h_front_porch>   = horizontal forward padding from DE acitve edge  
<h_sync_pulse>    = hsync pulse width in pixel clocks  
<h_back_porch>    = vertical back padding from DE active edge  
<v_active_lines>  = vertical pixels height (lines)  
<v_sync_polarity> = invert vsync polarity  
<v_front_porch>   = vertical forward padding from DE active edge  
<v_sync_pulse>    = vsync pulse width in pixel clocks  
<v_back_porch>    = vertical back padding from DE active edge  
<v_sync_offset_a> = leave at zero  
<v_sync_offset_b> = leave at zero  
<pixel_rep>       = leave at zero  
<frame_rate>      = screen refresh rate in Hz  
<interlaced>      = leave at zero  
<pixel_freq>      = clock frequency (width*height*framerate)  
<aspect_ratio>    = *  

* アスペクト比は8つの値のいずれかに設定できます(画面に最も近いものを選択してください)。

HDMI_ASPECT_4_3 = 1  
HDMI_ASPECT_14_9 = 2  
HDMI_ASPECT_16_9 = 3  
HDMI_ASPECT_5_4 = 4  
HDMI_ASPECT_16_10 = 5  
HDMI_ASPECT_15_9 = 6  
HDMI_ASPECT_21_9 = 7  
HDMI_ASPECT_64_27 = 8  

HDMI_FORCE_MODE

する設定1で指定されたものを除き、他のすべてのモードを削除しますhdmi_modehdmi_group、彼らはのいずれかのモード列挙リストには表示されませんを意味し、内部リストから。表示は無視しているように見える場合は、このオプションが役立つかもしれないhdmi_modehdmi_groupの設定を。

EDID_CONTENT_TYPE

編集コンテンツの種類を強制的に特定の値にします。

オプションは次のとおりです。

  • 0EDID_ContentType_NODATA、コンテンツタイプなし。
  • 1EDID_ContentType_Graphics、コンテンツタイプのグラフィックス、ITCは1に設定する必要があります
  • 2EDID_ContentType_Photo、コンテンツタイプの写真
  • 3EDID_ContentType_Cinema、コンテンツタイプの映画館
  • 4EDID_ContentType_Game、コンテンツタイプのゲーム

モニタにはどの値が有効ですか?

お使いのHDMIモニターは、限られたフォーマットしかサポートしていない可能性があります。どの形式がサポートされているか調べるには、次の方法を使用します。

  1. 出力フォーマットをVGA 60Hz(hdmi_group=1およびhdmi_mode=1)に設定し、Raspberry Piを起動します
  2. 次のコマンドを入力して、CEAでサポートされているモードのリストを表示します。 /opt/vc/bin/tvservice -m CEA
  3. DMTでサポートされているモードのリストを表示するには、次のコマンドを入力します。 /opt/vc/bin/tvservice -m DMT
  4. 現在の状態を表示するには、次のコマンドを入力します。 /opt/vc/bin/tvservice -s
  5. モニターから詳細情報をダンプするには、次のコマンドを入力します。 /opt/vc/bin/tvservice -d edid.dat; /opt/vc/bin/edidparser edid.dat

またedid.dat、デフォルトのHDMIモードの問題をトラブルシューティングする際にも、このオプションを指定する必要があります。

カスタムモード

あなたのモニターが上記のいずれかの表にないモードを必要とする場合は、カスタムCVTモードを代わりに定義することができます。

hdmi_cvt=<width> <height> <framerate> <aspect> <margins> <interlace> <rb>
デフォルト 説明
(必須) ピクセル単位の幅
高さ (必須) 高さ(ピクセル単位)
フレームレート (必須) Hz単位のフレームレート
アスペクト 3 アスペクト比1 = 4:3,2 = 14:9,3 = 16:9,4 = 5:4,5 = 16:10,6 = 15:9
余白 0 0 =マージンは無効、1 =マージンは有効
インターレース 0 0 =プログレッシブ、1 =インターレース
rb 0 0 =正常、1 =ブランキング減少

デフォルト値を使用するには、最後のフィールドを省略することができます。

これは単にモードを作成することに注意してください(グループ2モード87)。Piがこれをデフォルトで使用するようにするには、いくつかの追加設定を追加する必要があります。たとえば、次のように800×480の解像度を選択し、オーディオドライブを有効にします。

hdmi_cvt=800 480 60 6
hdmi_group=2
hdmi_mode=87
hdmi_drive=2

モニターが標準のCVTタイミングをサポートしていない場合、これは機能しない可能性があります。

LCDディスプレイ/タッチスクリーンオプション

IGNORE_LCD

デフォルトでは、I2CバスでラズベリーPi LCDディスプレイが検出されたときに使用されます。ignore_lcd=1この検出段階をスキップするため、LCDディスプレイは使用されません。

DISPLAY_DEFAULT_LCD

Raspberry Pi DSI LCDが検出された場合は、デフォルトのディスプレイとして使用され、フレームバッファが表示されます。設定display_default_lcd=0は、LCDがデフォルトのディスプレイでないことを保証します。通常は、HDMI出力がデフォルトになります。サポートされているアプリケーション(例:omxplayer)からディスプレイ番号を選択することで、LCDを引き続き使用することができます。

LCD_FRAMERATE

ラズベリーPi LCDディスプレイのフレームレートをHz / fpsで指定します。デフォルトは60Hzです。

LCD_ROTATE

これは、LCDの組み込みフリップ機能を使用してディスプレイを反転させます。これは、GPUベースの回転操作を使用するより安価な操作です。

例えばlcd_rotate=2、逆さになった表示を補償する。

DISABLE_TOUCHSCREEN

タッチスクリーンを有効/無効にします。

disable_touchscreen=1 公式のラズベリーパイLCDディスプレイのタッチスクリーンを無効にします。

ENABLE_DPI_LCD

DPI GPIOに接続されたLCDディスプレイを有効にします。これは、パラレルディスプレイインタフェースを使用してサードパーティのLCDディスプレイを使用できるようにするためです。

DPI_GROUP、DPI_MODE、DPI_OUTPUT_FORMAT

上記dpi_groupおよびdpi_modeconfig.txtパラメータは、所定のモード(上記のHDMIで使用されるDMTまたはCEAモード)を設定するために使用されます。ユーザーは、HDMIとほぼ同じ方法でカスタムモードを生成することができます(dpi_timingsセクション参照)。

dpi_output_format は、表示形式を設定するために使用されるさまざまなパラメータを指定するビットマスクです。

DPIモードと出力フォーマットの使用方法の詳細は、こちらをご覧ください

DPI_TIMINGS

これにより、dpi_group=2およびを使用して選択されたカスタムモードの生のDPIタイミング値の設定が可能になりますdpi_mode=87

dpi_timings=<h_active_pixels> <h_sync_polarity> <h_front_porch> <h_sync_pulse> <h_back_porch> <v_active_lines> <v_sync_polarity> <v_front_porch> <v_sync_pulse> <v_back_porch> <v_sync_offset_a> <v_sync_offset_b> <pixel_rep> <frame_rate> <interlaced> <pixel_freq> <aspect_ratio>
<h_active_pixels> = horizontal pixels (width)  
<h_sync_polarity> = invert hsync polarity  
<h_front_porch>   = horizontal forward padding from DE acitve edge  
<h_sync_pulse>    = hsync pulse width in pixel clocks  
<h_back_porch>    = vertical back padding from DE active edge  
<v_active_lines>  = vertical pixels height (lines)  
<v_sync_polarity> = invert vsync polarity  
<v_front_porch>   = vertical forward padding from DE active edge  
<v_sync_pulse>    = vsync pulse width in pixel clocks  
<v_back_porch>    = vertical back padding from DE active edge  
<v_sync_offset_a> = leave at zero  
<v_sync_offset_b> = leave at zero  
<pixel_rep>       = leave at zero  
<frame_rate>      = screen refresh rate in Hz  
<interlaced>      = leave at zero  
<pixel_freq>      = clock frequency (width*height*framerate)  
<aspect_ratio>    = *

* アスペクト比は8つの値のいずれかに設定できます(画面に最も近いものを選択してください)。

HDMI_ASPECT_4_3 = 1  
HDMI_ASPECT_14_9 = 2  
HDMI_ASPECT_16_9 = 3  
HDMI_ASPECT_5_4 = 4  
HDMI_ASPECT_16_10 = 5  
HDMI_ASPECT_15_9 = 6  
HDMI_ASPECT_21_9 = 7  
HDMI_ASPECT_64_27 = 8  

一般的な表示オプション

HDMI_FORCE_HOTPLUG

設定hdmi_force_hotplugする1HDMIのホットプラグ信号がアサートされていることをふり、HDMIディスプレイが装着されていることが表示されます。つまり、HDMIモニターが検出されなくても、HDMI出力モードが使用されます。

HDMI_IGNORE_HOTPLUG

設定hdmi_ignore_hotplugするために1、HDMIディスプレイが接続されていないことが表示されますので、HDMIのホットプラグ信号がアサートされていないことをふり。つまり、HDMIモニターが検出されてもコンポジット出力モードが使用されます。

DISABLE_OVERSCAN

オーバースキャンを無効にするには、に設定disable_overscanします。1

OVERSCAN_LEFT

このoverscan_leftコマンドは、画面の左端でスキップするピクセル数を指定します。テキストが画面の左端から流れ出る場合は、この値を大きくします。画面の左端とテキストの間に黒い境界線がある場合は、それを減らしてください。

OVERSCAN_RIGHT

このoverscan_rightコマンドは、画面の右端でスキップするピクセル数を指定します。

OVERSCAN_TOP

このoverscan_topコマンドは、画面の上端でスキップするピクセル数を指定します。

オーバースキャンボトム

overscan_bottomコマンドは、画面の下端にスキップするピクセル数を指定します。

オーバースキャンスケール

オーバーフレーム設定overscan_scale1フレームバッファ以外のレイヤーを強制的に適用するには、に設定します。

FRAMEBUFFER_WIDTH

このframebuffer_widthコマンドは、コンソールのフレームバッファ幅をピクセル単位で指定します。デフォルトは、表示幅から総水平オーバースキャンを差し引いた値です。

FRAMEBUFFER_HEIGHT

framebuffer_heightコマンドは、ピクセル単位でのコンソールフレームバッファの高さを指定します。デフォルトは、ディスプレイの高さから垂直方向のオーバースキャンの総数を引いたものです。

MAX_FRAMEBUFFER_HEIGHT、MAX_FRAMEBUFFER_WIDTH

内部フレームバッファの最大サイズを指定します。

FRAMEBUFFER_DEPTH

framebuffer_depthコンソールのフレームバッファの深さを1ピクセルあたりのビット数で指定するために使用します。デフォルト値は16です。

framebuffer_depth 結果 ノート
8 8ビットフレームバッファ デフォルトのRGBパレットは画面を読むことができません
16 16ビットフレームバッファ
24 24ビットフレームバッファ 表示が壊れることがあります
32 32ビットフレームバッファ は一緒に使用する必要がありますframebuffer_ignore_alpha=1

FRAMEBUFFER_IGNORE_ALPHA

アルファチャンネルを無効にするには、に設定framebuffer_ignore_alpha1ます。32ビットの表示に役立つことができますframebuffer_depth

テストモード

このtest_modeコマンドは、指定された秒数の間、ブート中に(コンポジットビデオとアナログオーディオ出力のみで)テストイメージとサウンドを表示してから、通常どおりにOSを起動します。これは製造テストとして使用されます。デフォルト値は0です。

DISPLAY_HDMI_ROTATE

使用display_hdmi_rotateHDMIディスプレイの向きを回転または反転します。デフォルト値は0です。

display_hdmi_rotate 結果
0 ローテーションなし
1 時計回りに90度回転する
2 時計回りに180度回転する
3 時計回りに270度回転する
0x10000 水平フリップ
0x20000 垂直フリップ

90度と270度の回転オプションはGPU上に追加メモリを必要とするため、16MB GPU分割では機能しません。

DISPLAY_LCD_ROTATE

使用するdisplay_lcd_rotateLCDの向きを回転または反転します。パラメータは、と同じdisplay_hdmi_rotateです。

DISPLAY_ROTATE

display_rotate最新のファームウェアでは非推奨ですが、下位互換性のために保持されています。代わりに使用display_lcd_rotateしてくださいdisplay_hdmi_rotate

使用するdisplay_rotate画面の向きを回転または反転します。パラメータは、と同じdisplay_hdmi_rotateです。

その他のオプション

DISPMANX_OFFLINE

2つのオフスクリーンフレームバッファでdispmanx合成がオフラインで行われるようにします。これにより、より多くのdispmanx要素を合成することができますが、遅くなり、画面のフレームレートを通常30fpsに制限することがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA