raspi:/boot/config.txt-Memory

CONFIG.TXTのメモリオプション

gpu_mem

GPUメモリ(メガバイト単位)。これは、CPUとGPUの間のメモリ分割を設定します。CPUは残りのメモリを取得します。最小値は16です。最大値は192448あるいは944、あなたが256M、512メガバイト、または1024メガバイトパイを使用しているかどうかに応じて。デフォルト値は64です。

gpu_mem低い値に設定すると、GPUがあまりにも少ないメモリにアクセスすることができない場合があるため、特定のファームウェア機能が自動的に無効になることがあります。そのため、使用しようとしている機能が動作していない場合は、より大きなGPUメモリ分割を設定してみてください。

使用してgpu_mem_256gpu_mem_512、およびgpu_mem_1024編集することなく、256メガバイト、512メガバイト、1024メガバイトと小僧の間で同じSDカードを交換することを可能にするconfig.txtたびに:

gpu_mem_256

このgpu_mem_256コマンドは、256MBラズベリーパイのGPUメモリをメガバイト単位で設定します(メモリサイズが256MBでない場合は無視されます)。これは上書きされますgpu_mem。最大値は192デフォルトであり、デフォルト値は設定されていません。

gpu_mem_512

このgpu_mem_512コマンドは、512MBラズベリーパイのGPUメモリをメガバイト単位で設定します(メモリサイズが512MBでない場合は無視されます)。これは上書きされますgpu_mem。最大値は448デフォルトであり、デフォルト値は設定されていません。

gpu_mem_1024

このgpu_mem_1024コマンドは、1024MB Raspberry Pi 2のGPUメモリをメガバイト単位で設定します(メモリサイズが1024MBでない場合は無視されます)。これは上書きされますgpu_mem。最大値は944デフォルトであり、デフォルト値は設定されていません。

disable_l2cache

これを設定1すると、GPUのL2キャッシュへのCPUのアクセスが無効になり、対応するL2無効カーネルが必要になります。デフォルト値は0です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA